緊急避妊ピルは病院では保険適用できない?

気をつけていたのにセックスの時に避妊に失敗してしまった、というのは長い人生であれば誰にでも起こるものです。

だからといって、そのまま放置して子供が出来ても、まだ子供を育てる自信がないという人はいることでしょう。
そんな時は、病院で処方してもらう緊急避妊ピルで避妊を回避しましょう。

緊急避妊ピルはアフターピルとも呼ばれ、基本的には婦人科などの病院で処方してもらいます。

それ以外の科でも処方してもらえることもありますが、ピル自体に否定的だったり、関係ない分野だからあまり知識のない医師もいますので、確実にもらいたいのであれば同じ病院でも婦人科を選ぶほうが良いでしょう。

緊急避妊ピルは、保険適用ができません。
なぜなら、いくら緊急であっても避妊は病気ではないので、病気と判断されない場合には保険適用できないと思ってください。

未成年で緊急避妊ピルが欲しい場合も保険適用はできませんが、保険証が身分証明になりますので提示したほうが良いですが、親に知られたくな場合はあらかじめ伝えておくようにしましょう。

保険適用はできないので、初診料や検査料、処方料や薬代などを入れて一万円あれば少しお釣りがくると思うくらいの費用がかかります。

ちなみに、月経困難症やPMSなどの改善のために低用量ピルの服用をしたい場合、日常に支障が出るほど困難な状態であると病気認定されれば、保険適用ができることもあります。

ただ、「緊急避妊ピルがあれば避妊しなくてもいつでも回避できるんだ」という考えはやめてください。
 
このピルは、体内に女性ホルモンが大量に入ってくることによって人工的に生理を起こさせて妊娠しないようにする薬ですが、女性の体に非常に負担をかけますので、何度も使用していいものではありません。

今後のことを考えてもセックスの際は必ず避妊するように心がけましょう。