横浜における緊急避妊ピルの普及について

低用量ピルによって避妊効果があり、そして子宮がんや卵巣がん、そして肌トラブルを避けることができることを知っている女性は多いようです。低用量ピルによって生理痛の軽減や出血量を少なくすることも学校で知る女子も多いのですが、緊急避妊ピルの存在を知らない人が女性の3人に1人と言われています。絶対の避妊はピルを使うことでしかできず、リズム法とコンドームといった避妊具をどんなに使っても完璧な避妊ができません。妊娠の可能性について知るべきであり、そしてもしものときは緊急避妊ピルによって妊娠を高い確率で防ぐことができることを知るべきです。

日本全体で緊急避妊ピルの普及がまだ滞っていることから、横浜でも同じ状況になるでしょう。横浜でも不幸にも中絶という措置をする女性がいます。もちろん横浜もそうですが、日本全体で取り組むべき問題になるでしょう。普及を邪魔している存在として、日本の性教育事情が挙げられます。臭いものに蓋をする風潮が日本社会全体になることから、なかなか性教育が進んでいない実態です。性行為、そして異性に性的な興味を持つこと自体をタブー視する風潮が、不幸な少女たちを生んでいる可能性も指摘されています。

もちろん事件性がある場合でも緊急避妊ピルを使うことができ、望まない妊娠を防ぐことができます。緊急避妊ピルがあるということを知るだけで、少女や女性を救うことができるのです。まだまだ普及はされないでしょうが、インターネットが普及した現在、このような記事が表に出て、悩んでいる女性が検索することで緊急避妊ピルの存在を知ることができるでしょう。72時間以内といったリミットがありますので、このような存在を知り迅速に動くことを願っています。